独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCでよくあるトラブルと対処法とは?

現代は高齢化社会です。ビジネスにおいても高齢者をターゲットとしたサービスの需要も多くなってきました。高齢者向け宅配弁当の需要は高まっています。高齢者向け宅配弁当サービスは、高齢者の生活に浸透しつつありますがその分トラブルを招くケースも発生しています。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ運営でのトラブルと対処法

高齢者向け宅配弁当のみならず、フランチャイズとしてトラブルになるケースはやはり契約問題が多いでしょう。フランチャイズで運営する場合はどうしても運営する自由度は制限されてしまいます。基本マニュアルがありますので、オーナーさん独自のアイデアで運営したいと思っても反映されにくいです。

また、自営業として独立を考えた場合には脱退してもほとんどのフランチャイズ契約には競業避止という条文があるので、エリア制限や違約金の発生など、訴訟問題にまで発展する場合もあるかもしれません。

他には風評被害があり、本部や他店舗で不祥事やトラブルが発生して報道されてしまった場合、フランチャイズ全店のブランドイメージがマイナスになります。売り上げにも影響を及ぼしかねない状況になることもあるでしょう。特に高齢者向け宅配弁当店では、体や免疫力が弱っているお客様も多いことから、食中毒事故が発生した場合、お客様の生死にかかわる場合もあります。また、最近は災害なども多く、店舗の近辺では全く影響無いにも関わらず本部から食材が届かないということも考えられます。

このようなトラブルに発展しないための対処法として、フランチャイズ本部と締結する契約書の中身をしっかりと理解することだけでなく、食中毒対策としてどのようなことをしているのか、災害時も商品を安定供給してくれるのか、というところまで確認するほうが良いでしょう。フランチャイズ本部は複数あり、それぞれの特徴もあるので、今後何年間も店舗を運営する上で、一番条件の合うところはどこなのかを考えてみる必要があります。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズを運営するメリット

高齢者向け宅配弁当をフランチャイズ運営するトラブルと対処法を書きましたが、メリットも大きいのがフランチャイズ運営でもあります。大きいメリットとしては3つ挙げられます。

「未経験でも不安なく始められること」「仕入れや調達ルートが確立されていて仕入れの心配がいらないこと」「商品開発をしてくれるので定期的な新メニューが提供されること」です。

本部の培ったノウハウにロイヤリティーを支払うことで、活用方法によってはその金額以上の知識提供を受けられるので成功しやすいでしょう。分からないことや相談したいことがあった時には本部のサポートセンターがありますので、自分ひとりで悩むより本部のウハウを使って解決できるケースが多いです。仕入れに関しても本部が確立してくれているので悩むことがありません。

また、本部は仕入れをする際に大量仕入れています。仕入れコストが抑えられた分、安定した低価格でのお弁当の提供が可能になります。安定した低価格でのお弁当の提供は、幅広い所得層の高齢者で利用しやすくなりますので、集客力が高まります。

そして、商品開発してもらうことで、新しいメニューが利用者に提供できます。毎回同じような中身のお弁当では、やはり飽きてしまいますが新しいメニューが提供されることで、利用者も飽きることなくお弁当を楽しみにしてもらうことで、リピーターを増やしやすいでしょう。

高齢者向け宅配弁当で利用者とのトラブルと対処法

高齢者向け宅配弁当サービスと、通常の宅配弁当サービスのとの違いは、やはりお弁当の提供に関して一貫したメニューの提供が難しい点にあります。利用者の高齢者の中には、一人暮らしの方、持病を持つために食事制限がある等、味付けの濃さに不満を抱えてトラブルになる事があります。

高齢者の方の持つ持病に応じて、いろいろと工夫した対応を求められます。本部では柔軟なニーズに応えるよう商品開発を行っています。一般的な普通食、食事制限を意識したカロリー調整食、糖尿病食、食べやすさを意識した柔らか食、ムース状にしたお弁当など高齢者の環境に合うように工夫し対応をしています。

商品に対する不満とは別にサービス利用者と店舗側との接客対応によるトラブルも多く発生しています。例えば知り合い感覚に似た電話対応での言葉づかい、配達時の受け渡し方に対して、断りもなく敷地内に入る等、年代の感覚の違いに不快感を持つ高齢者も少なくありません。

また、店舗により接客対応の感覚の違いがトラブルを招く事もあります。そういったケースに対応するため、本部では接客マニュアルを作成し、各フランチャイズ店オーナーさんに対して指導したり、本部から社員を派遣して指導することで、接客サービスの向上を図っています。本部でお客様相談センター等を設けてあるところもあり、直接店舗に不満やトラブルを相談できない場合の対応もしています。

 

高齢者向け宅配弁当サービスは、今の高齢化社会には必要なサービスとして浸透しつつあります。 お弁当の宅配サービスという事だけではなく一人暮らしの高齢者の安否確認等、介護的な役割も担っております。また高齢者の会話の場でもあり担う役割は大きくなっています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧