独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCオーナーになったら税金や保険はどうするの?

高齢者向け宅配弁当は、業者の数も増えてきている業界です。フランチャイズによる参入で成功しているところも多くなっていますが、多くの収入を得るようになると税金の問題が発生します。特に個人事業主として税金の処理を行うのかあるいは法人化して行うのかによって、税額などの考え方が変わるので注意が必要です。

これからの高齢者向け宅配弁当のニーズ

いわゆる団塊世代の方々が現役をリタイアし、徐々に高齢者が増えてきています。今までは元気だった高齢者でも年齢を重ねることによって、徐々に衰えも目立ち始め、味覚の変化や食べる量の変化及び減少、さらには主治医など医療従事者によるフォローなども多くなっていくものです。

こうした点を踏まえて地域ごとにフランチャイズの高齢者向け宅配弁当業者が、徐々に多く増えてきている状況です。食事の準備をしないで済む便利さとその味付け、さらには栄養バランスなども考慮されたものを確実かつ安心して食べられることで利用者本人だけではなく、その家族も満足が出来るサービスでしょう。

提供をする業者数も増加しつつあり、宅配弁当業者として、あるいは従来の仕出し弁当業者なども加わり、競争が激しくなっています。それでも高齢者数の増加による利用者の増加は急激であり、業者がなかなか対応できないほど多くなっているところもあります。

そうした宅配弁当業者に求められるのは、適切な弁当調理はもちろんですがそれ以外にも経営における税金の知識や、従業員などが加入する保険制度、さらには万が一の時における業者自身の加入すべき保険などいろいろなものがあります。

確実に対応をすることで、税金面での節税も可能になる届け出もあり、知らなかったでは済まされないことも多いので、前もって勉強しておくことは欠かせません。

法人化するべきか個人事業主として行うのかの違い

高齢者向け宅配弁当の運営形態としては本部があり、その指示に従って調理を行い、配達を行うフランチャイズの業者が多くなっています。いきなりその地域で個人事業を立ち上げても、ノウハウがないためになかなか長続きしないケースも多いです。したがって、全国展開などをしている大手業者などと契約し、フランチャイズによる業者として活動を行う方法が一般的です。

このとき法人化して活動を行うのか、あるいは個人事業主として活動をするのかによって違いが出てきます。法人にせよ個人事業主にせよ、フランチャイズの場合は、まずはその本部の指示に従わなくてはなりません。

法人化したときは、税金と各種保険制度への加入などをしっかりと考慮しておくことが重要です。健康保険及び厚生年金への加入や雇用保険への加入なども確実に行うべきものとなります。

さらには最寄りの税務署への開業届や都道府県税事務所への届け出、市区町村役場への届け出なども必須です。代理を立てて対応をする方法もありますが、事業開始時にはいろいろと資金面で厳しいこともあるなどして、なかなか依頼料の捻出が厳しいこともあり得ます。

したがって、自らが準備を行い届け出ることを考えておくことも重要です。特に提出の期限については厳守を求められるものがあったりするので注意が必要です。

健康保険制度及び厚生年金への加入などの手続き

大手などのフランチャイズとして高齢者向け宅配弁当を手がけるときには、ある程度のノウハウを教えてもらえます。さらに健康保険制度や厚生年金への加入などのアドバイスをしてもらえる場合もあるので、事前によく確認をすることをお薦めします。

また税金関係の届け出などについても、何をすべきなのかなど説明をしてくれる本部も多くなっています。しかしながらこうした対応が出来るところばかりとは限りません。開業当初のサポートはあっても、その後のサポートが無いケースがあるので、その場合は自らが行動して届け出る必要があります。

税金面も最初以外に毎年申告を要することとなるので、注意が必要です。顧問として税理士を立てることも考慮する必要があります。日々の経理仕事も忘れずに行うことによって、申告時期に慌てることなく対応が出来ることにつながっていきます。

個人事業主の場合、青色申告を届け出ることで節税に大きくつながることもあります。最初は個人事業主として活動し、その後にて従業員を増やしたりすることを考える場合には法人化した方がいいこともありますので、税理士など専門家にアドバイスを求めたりすることも大切です。

法人化したとき社会保険及び厚生年金への加入をしなければならなくなります。その加入手続きなども社会保険労務士のような専門家に依頼することで対応が出来ることも、知っておいて損はありません。

 

フランチャイズとして高齢者向け宅配弁当事業に参入するとき、税金や各種保険への加入が求められます。届け出や申告などを怠らずに確実にすることで、トラブル回避にもつながるものです。士業の専門家に適宜顧問になってもらうことも重要となります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧