独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FC開業に使える補助金や助成金の種類とは?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/10

高齢者向け宅配弁当は現在注目とともに需要が高まっている、将来性のある事業です。しかし、開業を考えている最中、「資金が足りない!」というお悩みに直面している方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方のために、フランチャイズ(FC)開業時にも利用できる補助金や助成金について詳しく解説します。

助成金と補助金には違いがある

独立開業をするには設備投資や運転資金、当面の生活費など、何かと資金が必要なものです。FCであればなおのこと、初期費用がかかります。資金繰りができないとがっかりしてしまうでしょうが、自分のお店を持つという夢をすべて諦める必要はありません。

そんなときは、自治体などが行っている独立開業支援の活用を考えましょう。補助金や助成金などの独立開業支援を利用できれば、費用を抑えての起業が叶います。補助金と助成金には、どちらにも返済の義務がないという共通点が存在します。また、それぞれに応募のための期間があります。その上で、違いも存在します。

補助金は応募のための条件を満たした上、審査を通過する必要があります。審査は事業計画書の提出や面接によって行われます。また、期間は1か月前後と短く設定されていることが多く、応募も殺到しやすいので、審査通過は狭き門といえます。

助成金は応募条件を満たし、指定の書類を作成するだけでいいため、補助金と比べると支給のためのハードルは低いといえます。さらに応募期間も長めに設定されており、ものによっては随時受け付けているものも存在します。自分が利用できる支援を上手く活用することが、賢い開業の鍵になるでしょう。

FCオーナーでも受けられる助成とは

それではここからはより具体的に、FCオーナーでも受けられる助成についてみていきましょう。さまざまに条件は異なりますが、主な制度は5つ存在します。

まず1つ目が、「地域創造的起業補助金」です。申請者を新たな需要・雇用などを生み地域活性化を果たす創業者として認めることで、開業経費を補助してくれます。外部での資金調達がない場合は50万円から100万円以内、外部での資金調達がある場合は50万円から200万円以内の範囲で補助を受けることができます。雇用を生み出すことも目的に含まれているため、最低でも1名の新規従業員を、事業主が計画した創業の完了日までに雇う必要があります。

2つ目は「小規模事業者持続化補助金」です。その名の通り小規模事業が補助の対象となっており、支給の上限額は50万円です。中小企業生産性革命推進事業の一環として実施されており、販路開拓を支援することがその大きな目的となっています。対象となる事業は限定されており、申請する時点では起業している状態であることが必須など細かな条件がたくさん存在しますので該当するかはしっかりと確認しましょう。

3つ目は「地方再生中小企業創業助成金」です。雇用や失業といった情勢が著しくない地域において、雇用などで地方再生に貢献する事業主が支給の対象となる助成金です。このような特徴があるため、特定の地域での開業が条件になります。また、該当する事業分野に関してはそれぞれの地域が定めることになっているため、労働局への確認が必要です。受給金額は創業後半年以内に支払った創業経費の3分の1と定められており、300万円もしくは500万円が上限となっています。

4つ目は「子育て女性起業支援助成金」です。創業後3か月以内に支払った経費の3分の1と定められており、上限は200万円です。12歳以下の子どもとの同居や雇用保険への5年以上の加入、開業地域の指定など条件が多くありますが、対象となる経費が幅広くとらえられていることが特徴です。女性であれば必ず対象になるか確認しておきたい助成金といえますね。

最後にご紹介するのが「生涯現役起業支援助成金」です。40歳以上の中高年齢者による起業が対象となり、従業員の雇用や生産性向上のための費用に対する受給が認められます。起業者の年齢に応じて助成率が変動し、60歳以上の場合は3分の2の範囲内で上限200万円、40歳から59歳までの場合は2分の1の範囲内で上限150万円です。

これらの独立開業支援は自治体によって条件や金額が異なる場合があります。応募に際しては開業地域にあたる自治体のホームページで事前に確認をするようにしましょう。

助成金を利用して軌道に乗るまでの期間を乗り越えよう

独立開業の資金が足りないときには、融資制度を利用するという選択肢もあります。しかし、こちらは返済の義務が生じ、その分リスクも高くなってしまうため、やはり助成金を利用するのがおすすめです。F

Cで開業すると自分の力だけで開業するより初期費用が高くついてしまいますが、その分たくさんのメリットもあります。まず、開業のための手引きや準備物の用意、食品の仕入れルートの提供までのすべてをFC本部が行ってくれます。開業後も運営やトラブル対処、集客などのノウハウを教えてもらうことができます。このようなサポートから、自力で開業するよりもスピーディーにお店を軌道に乗せられるのです。

オーナーが1番辛く感じるのがこの軌道に乗るまでの期間です。助成金を活用すればそのストレスを軽減させることができます。ぜひ支援を受けながら、FCでの開業に踏み出してみましょう。

 

資金は開業時に、オーナーが1番頭を悩ませる点かもしれません。高齢者向け宅配弁当はこれからの需要が見込めるだけに、簡単に諦めてしまうのはもったいないですよね。そんな方でも、自治体などの助成を活用することで費用面に無理なく開業ができます。みなさんも補助金や助成金を上手く利用して、夢の開業を目指しましょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧