独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者宅配弁当FCのランニングコストはどのくらい?内訳を押さえておこう

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/27

これから高齢者向け宅配弁当を開業しようと考えている方にとって、一番気になるのはランニングコストがどのくらいかかるかどうかということではないでしょうか。そこで高齢者向け宅配弁当を経営していくのに必要な運転資金はどのくらいかかるのかについてご紹介します。

宅配弁当の店舗物件は?

高齢者人口が増えるに連れて、高齢者向け宅配弁当の需要は高まりつつあります。また通常のレストランなどの飲食店と比べると、客が飲食するためのスペースは必要ありません。そのため高齢者向け宅配弁当なら調理する場所と作業スペースがあればよいので、家賃は最小限のコストで抑えることが出来るでしょう。

フランチャイズに加盟した方の例では、自宅を改装して店舗としていることもあります。自宅を改装することで、家賃をゼロにすることもできるのです。これは、来店型の店舗とは異なり、デリバリーだからできる事です。

店舗の物件を借りる場合同様です。角地や人通りが多いところなどの一等地を用意する必要はありませんので、比較的家賃を抑える事が出来るのです。小さな事業として考えるのであれば、大きな物件を借りる必要もないので、ますます家賃を抑える事が出来ます。

但し、将来的に事業を拡大するのであれば、それを見越した物件の方が良いかもしれません。何故なら移転をする場合、不動産を借りるためのお金もかかりますし、物件の原状回復費用も掛かります。

また、厨房機器などを移設するためには店舗を一旦休業することも必要になるかもしれませんので、結果として高くつくことも考えられます。フランチャイズ加盟する場合は、開業する地域の売上がどのくらい見込めるのかを相談しながら物件選びをすると良いかもしれません。

最大のコスト人件費を抑える方法

高齢者向け宅配弁当は、本部から仕入れた調理済みの食材を簡易調理、盛り付けすることで、完成し、それをお客様の家に一軒ずつ配達する仕事です。お弁当を作るのも、運ぶのも人手がいりますが、最初から固定給の従業員を雇ってしまうと、その分の人件費がランニングコストとしてかかってしまいます。

そのため従業員を雇うにしても、売上に応じたシフトが組めるように、短時間勤務のパートタイマーを雇う方が経営の効率が良くなります。お弁当を作るのには何人必要なのか。作ったお弁当を運ぶには何人必要なのかをしっかりと計算して、無駄な人件費がかからないようにすることが重要です。

経営者一人で運営する場合もありますが、実際に病気になってしまうこともありますし、冠婚葬祭など、どうしても出席しなければならない予定だって入ることがあります。高齢者向け宅配弁当は、安否確認や見守りといった機能を重視されていることで利用する方が多いので、そのたびに、店舗を休業してしまうと、安否確認や見守りを目的として注文されるお客様からの信用を無くしてしまいます。

特に配達の業務は、ルート配達と言われる新聞や牛乳の配達と似た業務で、1回につき20件や30件続けて運びますので、通常、慣れない人が住所だけ渡されても、配達する順番通りにお届けすることも難しいですし、出来たとしても、いつもよりも大幅に遅れてしまうことだってあります。注文しているお客様の中には、ヘルパーさんに食事の介助をされている方もいますので、大幅に遅れてしまった場合、クレームにつながることもあります。

このような人の問題についてもフランチャイズに加盟していれば、スーパーバイザーがどのように運営したらリスクが回避できるのかを教えてくれますので安心です。

数か月分ランニングコストを用意しておけば安心

開業する際は、開業資金やランニングコストをあらかじめ用意しなければなりません。特に開業してからの数か月は、利益がすぐに出るとは限りませんので、数か月分のランニングコストを用意しておくと安心です。

もしもまったく売り上げがない状態が続いてしまった場合、十分なお金がなければ、廃業してしまうリスクもあるからです。一般的に高齢者向け宅配弁当は、ストック型ビジネスと呼ばれています。一人のお客様が毎日利用してくれるとして、そのお客様が何人も積み重なって売上が大きくなります。当然お客様は最初からたくさんいるわけではありませんし、一人ずつ増えていくので、売上は、飲食店や物販店と違って、段階的に増えていきます。

売上が上がり、経営が安定したところで、規模を少しずつ大きくしていけば、安定した経営をすることが可能です。個人で高齢者向け宅配弁当屋を始めるとなると、どうしても経営が不安定になってしまいますし、また売り上げがなかったら、倒産してしまうリスクもあります。

そこで始めるのであれば、フランチャイズチェーンに加盟して開業するのもよいかもしれません。 フランチャイズに加盟すると、ロイヤリティーとして本部にお金を支払わなければなりませんので、当然ランニングコストがかかります。

しかし本部のサポートを受けることが出来ますのし、ノウハウの提供だけでなく、ブランド力なども売上拡大の後押しになります。高齢者向け宅配弁当業界は、これからどんどん伸びていきますので、これから始めるのであればフランチャイズを活用するのもよい選択です。

 

高齢者宅配弁当FCのランニングコストで多くを占めるのが家賃代です。内訳はこの他にも人件費、光熱費や燃料費などがあります。フランチャイズに加入すれば、適正なランニングコストを知ることが出来る上、本部のサポートを受けることが出来るため、開業しやすいです。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧