独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

自分でできる!高齢者向け宅配弁当FCの投資収益率の計算方法とは?

日本の総人口に対して占める65歳以上の高齢者の人口は2019年には28.4%、2030年は30%に達し3人に1人が高齢者となる予想です。医療介護保険費は2000年の介護保険が始まって以来サービスの利用が増え続けています。介護保険は大きく分けて身体介護と生活援助サービスがあります。

高齢者向け宅配弁当サービスと介護保険を比較する

高齢者の食事の提供は、本人やご家族が用意する以外の方法では、介護保険サービスの訪問介護の生活支援という方法と、高齢者向け宅配弁当の2種類に分かれます。訪問介護は、ヘルパーが調理や買い物を代行して提供するのでサービス料として、本人1割負担の方であれば、250円から450円程度です。そこに材料費が上乗せされる形となります。

高齢者向け宅配弁当は、栄養価制限などが無い一般的な弁当であれば1食400円から600円程度で、配送料も含まれます。

高齢者は移動が困難となってきますので、例えば病院に通う日はバスや電車の乗り継ぎの往復で疲れ、それから帰宅して食事を作ることは大変です。買い物も重い荷物を持って長距離の移動は大変でインターネットを使用する環境が自宅に整備されていない場合も少なくありません。高齢者向け宅配弁当は自宅まで弁当を届けてくれて栄養のバランスも良く、健康を保つために欠かせないサービスであり、需要もあります。

食事が重要視されるのはなぜなのでしょうか。年齢を重ねると筋力が衰えてきます。足の腕の筋力や咀嚼して飲み込む力も衰えてきて、食事が肺に入る誤嚥性肺炎になれば死亡することがあります。

塩分が高いと足にむくみが出てくるなど医療機関にかかる機会も増えてきます。高齢者向け宅配弁当はメニューも豊富で味もしっかりとしているので食欲も増し、栄養が取れるので人気があるのです。

高齢者向け宅配サービスの開業と経営のノウハウはどうする

需要があり、社会貢献できる高齢者向け宅配サービスですが開業するにはどうしたら良いでしょうか。高齢者向け宅配サービスの経験がないと収益が出るまでかなりの時間がかかり、儲けが出ないとその間に倒産してしまう可能性もあります。

その対策としてフランチャイズを利用する方法があり、経営のノウハウを教えてくれたり、開業資金についての相談や開業後もサポートを受ける事ができ、食材メニューの提供も受けられるなどのメリットがあります。

高齢者向け宅配弁当は店舗を構えてお客を呼ぶ必要もないので、家賃の安い郊外などに店を構えることができて初期費用が抑えられます。さらにフランチャイズのノウハウを利用することで人の採用や教育などの人件費を効率良く削減できることができるのです。顧客の獲得や宣伝のノウハウ、広告のアドバイス用意なども行ってくれるところもあります。

収益の計算は弁当を1食売り上げていくらの計算方法で、単価は安いために経費の削減が必要です。売上を上げるためには調理以外にも配達もありますので、フランチャイズの本部によっては人件費が高くつく収益モデルとして細かく計算して書類で出しているところもあり、計算方法が明らかなところは信用度も高いと言えるでしょう。

経費としてかかるのは食材の調達のコストであり、いかに抑えて美味しい食事が提供できるかにかかっています。食事が良くないと顧客はすぐに離れてしまい、リピータが来なくなります。そのために研修やメニュー開発業務はかかせなく、本部が行ってくれるのはメリットです。

開業資金計画はフランチャイズ本部が説明してくれる

個人で開業するにはハードルが高いのでフランチャイズを利用しようと決めた方、フランチャイズはロイヤリティーが高く投資収益率が悪いのではと思う方は、次の点に注意して選択してください。

契約するときには納得するまで説明を聞き、年収益率をしっかりと把握しましょう。店舗を取得したが家賃が高く、赤字になるようでは社会的ニーズが高い事業も台無しです。フランチャイズ本部もそれを望んではいないでしょう。

お互いに収益を上げるように資金計画書を書類で提供し、細かく記載されているところやサポート面が手厚い本部は信用性が高いところです。資金計画では、収益が発生するまでの期間や初期投資の回収までの期間などに注意しましょう。初期投資が低く抑えられても、売上が少なければ、その分、収益が出にくいので投資回収までの期間が長くなります。

ランニングコストも固定費と変動費に分かれます。売り上げに関係なく一定に発生する家賃のような費用を固定費、売上に応じて発生する食材原価のような費用を変動費と言います。殆どのフランチャイズでは食材は本部から仕入れますので、原価率が売上の何パーセントなのかをしっかりと確認する必要があります。

但し、原価率が安ければ安いほど良いのかと言えば、そうではありません。原価率が安いということは、提供するお弁当の質が低いことも考えられますので、お弁当の質が値段に見合わないのであれば、お客様がリピートし難くなってしまい、結果として売上が上がらないことにつながります。

どれだけのお客様に支持されているのかは、そのチェーンの売上で判断できますので、フランチャイズの話を聞くときは、チェーンの平均売上などを参考にするとよいでしょう。そうすることで、フランチャイズ本部のサポートがどうなっているのかも分かるので、初期投資とランニングコスト、それに見合うだけのサポートや商品力があるのか判断材料になるのです。

 

高齢者は長く地域で生きてきて貢献してきました。宅配で自宅に伺うときは明るく挨拶をして配達員がお話を聞いてくれるだけでも喜んでいただけ、更に美味しい食事を提供することで信頼を得て口コミで評判が広がります。フランチャイズ本部を上手く活用しながらいつも笑顔を絶やさずに仕事をすることが利益を出すコツとなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧