独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FC開業に必要な資格とは?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/10

高齢者向けのお弁当配食サービスは需要と共に、比較的簡単に始められることから注目されています。検討段階のオーナーの中には、「開業したいけど、調理師や管理栄養士の資格がいるのかな?」と疑問を持つ方も多いですが、フランチャイズ(FC)であれば特別な資格は必要ありません。今回はそれら資格にまつわるお話をさせていただきます。

特別な資格は必要ない業種

冒頭でも述べましたが、高齢者向け宅配弁当FCの開業に特別な資格は必要ありません。必要な資格は、誰でも簡単に取得できるものばかりです。

食品を扱う際の衛生管理能力を認める「食品衛生責任者」は講習会を受講すればその資格を得ることができます。飲食店を営業することを認める「飲食店営業許可」は前述の食品衛生責任者が専任でいること、また店舗自体が条件を満たすことで飲食店営業許可を受けることが出来ます。

他には、簡単な調理ができればそれだけで大丈夫です。FCであれば、その調理の手間もほとんどかかりません。毎日本部から調理済みのおかずが届くため、弁当完成までに実際に行うことといえば加熱調理と盛りつけ程度であるためです。また、メニューも本部の管理栄養士があらかじめ作成してくれています。こちらが栄養価計算などを行う必要もなく、管理栄養士が考えた献立を提供できるのです。

FCを利用しない自力開業であれば、こう簡単にはいきません。高齢者向けの配食事業の献立作成は管理栄養士が担当することが望ましいと厚生労働省のガイドラインでも定められているため、資格を取得するか資格を持った従業員を雇う必要が発生します。もちろん、お弁当の調理も食材の調達・容器の準備からすべて行わなくてはなりません。手間だけでなく人件費などのコストもかかります。

高齢者向け宅配弁当FCは、高齢化社会で需要が見込めることに加え、このように誰でも参入しやすい仕組みから徐々に人気になってきているのです。

取得しておくと役立つ資格

上記で見た通り特別な資格は必要ありませんが、取得しておくことで役に立つ資格は存在します。どのような資格があると有利に事業が進められるのかについても知っておきましょう。

まずは、運転免許です。これがあれば、お客さんが少ない時期など自ら配食を担うことができます。事業が軌道に乗るまでの期間は、人件費を大幅に削減するのに役立つでしょう。

サービス接遇検定や接客サービスマナー検定、秘書検定などの接遇マナーに関する資格も、取得しておくと自信につながります。日本人はとくに礼儀正しい接客に厳しい傾向があります。サービスの相手が高齢者となれば、気持ちのいい対応への重要度も高くなるでしょう。日々の業務へのメリットに加え、トラブルなどが起こった際にも慌てず冷静に対処できる力がつくかもしれません。

介護の基本的な知識については、持っておくのがベターではあります。介護福祉士やケアマネ―シャーなどの資格があればいうことなしですが、そこまで専門的に学ぶ必要はありません。最低限の知識や考え方を捉えられる資格としては、介護職員初任者研修などがあります。とくに配食サービスに加え、安否確認など付加価値をつけて事業を運営する際には、役立つ資格になりそうです。

事業場の衛生に関するすべてを管理できるようになる衛生管理者も、持っておいて損はない資格かもしれません。常時50人以上の労働者がいる事業所にしか選任義務は発生しませんが、設備や作業方法に不備があったときにいち早く気付く能力が身につきます。健康障害の防止などもその役目に含まれているため、従業員を雇う際などには安心感につながるでしょう。

開業後は勉強の連続

必要な資格は何もありませんが、高齢者向け宅配弁当事業はあくまでもサービス業です個人に対して行うサービスであることから、開業後は勉強の連続になるでしょう。高齢者にとって食事の準備は困難を極めます。しかし、食事が楽しみであることは私たちと変わりがありません。

そのため、病気による食事制限や味付け、食べやすさなどに対する不満がトラブルに発展することもあります。そんなときには、個人の持病に応じて商品を変更するなどの対応が求められます。FCの本部では利用者のニーズに対応するため、さまざまな商品開発や献立作成を行っているので、その都度アドバイスを受けて着地点を探しましょう。

また、商品とは別に電話応対や受け渡し時の接客がクレームを招くこともあります。不快に思う対応というのは個人によって異なることもありますが、定期的にお店を客観視して見直しをすることも必要です。

因みに何かトラブルが起こったときもFC本部ではマニュアルを作成しているため、解決の手助けをしてくれます。どんな仕事でも同様ですが積極的に学ぶ姿勢は大切です。必要に応じて工夫を取り入れ、対応する力を身に着けていきましょう。

 

シルバービジネスは時代の流れと共に注目されていますが、看護師やケアマネージャーなどの有資格者が必須であるものがその大半を占めています。しかし、高齢者向け宅配弁当サービスはFCでの開業であれば必要な資格があることが分かりましたね。FCを利用すれば、配食サービスは未経験や初心者でも大変始めやすい事業です。条件によっては助成金などが受けられることもありますので、ぜひ積極的に開業を検討してみましょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧