独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCオーナーに求められる能力とは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/19

近年、徐々に高齢者向け宅配弁当など高齢者向けサービスのニーズが高まっています。フランチャイズとして新規参入を図るオーナーも多くなり、競争も激しくなってきている状況です。そのためこの業界において生き残るための能力を確認し、併せて必要な知識なども確認することで、地域や高齢者及びその家族から求められる業者となるようポイントを押さえておきましょう。。

高齢者向け宅配弁当で必要なこと

高齢者向け宅配弁当店は、一般の方向けの弁当とは異なるポイントに注意が必要です。この部分をおろそかにしてしまうと、継続して注文されませんので、当然売上もついてこなくなります。

食事をする上で、噛む力や飲み込む力が衰えている方も少なくありませんので、食材の大きさなども工夫する必要があります。歯やあごの力が弱ってしまい、かぶりついたりすることが困難な方もいますし、細かいものしか食べる事が出来なくなった方もいるでしょう。このような方にも食べてもらえるように、食材の大きさだけでなく、柔らかくするなどの工夫も必要になってきます。

さらに高齢になると、高血圧や動脈硬化などの影響で、食事の栄養価にも注意が必要となってきますので、医師から食事指導があるなど、それに応じた食事を提供することも必要になってきますし、アレルギーなどの問題もあるので、きめ細かな対応が必要な方もいます。

こうした一人ひとりに合わせた対応を確実にしなければ、大きな事故につながることもありますので、顧客データの管理を徹底し、確実な対応が求められるでしょう。

食材の調達と喜ばれるものの提供を意識すること

介護を受けられている高齢者は、一人で外出することが出来ないこともありますので、非常に不自由な生活をしていることもあります。そこで、多くのフランチャイズ本部では、季節によって旬な食べ物を取り入れるなどの工夫をしています。季節を食べ物で感じる事が出来れば、外出が困難な高齢者でも喜んでお届けしたお弁当を食べてくれます。中には、行事食と言って不定期にとても豪華なお弁当を宅配しているフランチャイズ本部もあります。

高齢者にとって、お食事は生きる上での楽しみの一つですので、食べやすさ、彩り、味以外にもこだわることが出来れば、継続して利用してくれるようになるでしょう。

また、お客様の評判が良ければ、デイサービスなどでもお話してくれることもあるので、口コミ効果も期待できます。フランチャイズで高齢者向け宅配弁当を始めようとするのであれば、こういったお客様に喜んでもらえる取組みをしているところの方が、リピート率が高くなるかもしれません。

大勢の高齢者が継続して利用してくれることで、売上も上昇し、その分経営も安定してきますので、それぞれの会社で何に取り組んでいるのかを確認することも重要なことです。

宅配弁当の配達先と商圏の確保について

高齢者向け宅配弁当事業はそれぞれの地域で評判が高まることで、お客様の数が増え、それに応じて売上も増えていく仕組みですが、最初からたくさんのお客様がいるわけではありません。実際に利用している方の声も大切ですし、宅配弁当を勧めてくれた介護や医療の関係者の評判も大事な要素となるのです。

また、都市部などであれば、既に大手のフランチャイズが出店していることもあるので、新規で参入するには、ブランド力だけでなく商品力、サービス力が先行している競合よりも優れていることも重要ですが、地域からの信用を得るには、実績を重ねることが最も重要なことだと言えます。

既に何社もある中で、新規参入した場合、その他の競合店が様々な理由でお断りしているお客様を紹介されることもあります。かなり中心部から離れた高齢者や、特殊なお食事を必要としている高齢者など、他の事業者からお断りされているため、介護や医療の関係者からすると、何とか届けてくれる宅配弁当店を探していることもあります。

確かに1件1件をお届けする宅配事業では、通常のお客様よりも時間や手間がかかるお客様を担当することは、効率的とは言えませんし、単体で見たら赤字かもしれません。しかし、誰もがやりたがらない事を笑顔で引き受けてくれる事業者は、その後の評判にプラスの影響を与える可能性が高いとも言えます。

高齢者向け宅配弁当のお弁当は1件の配達で採算がとれるようなビジネスではないので、一回の配達で、20件、30件と順番にお届けするルート配達と言われる方法です。開業当初は点で配達しますが、地域からの信用を勝ち取ることで線での配達になるビジネスですので、競合店が断るお客様を引き受けることは、地域の信用を得るチャンスとも考えられるのです。

さらに、他店がお断りするお客様は、代わりが効かないことから継続して注文してくれる可能性も高いとも言えます。固定客を抱える事は高齢者向け宅配弁当を経営する上で重要なことですので、目先の損得にとらわれない視点は、高齢者向け宅配弁当を経営には必要な能力と言えるのでは無いでしょうか。

 

フランチャイズの高齢者向け宅配弁当ではオーナーに求められる能力として、長期的視点で物事をとらえる能力が必要です。安定した収益を確保するために必要な事を提供できる体制にあるのかを判断し、目先の損得ではなく、その先にどんなメリットがあるのかを判断する力が必須です。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧