独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

フランチャイズ【高齢者向け宅配サービスvsコンビニ】おすすめはどちら!?

日本では急速に高齢化が進んでいて、その対策が急がれています。その中で問題になるのは食事であり、高齢者になると体の機能が若い頃と比較するとどうしても弱体化してしまうため、そのためにも食事は注意しなければいけません。この問題を解決すると共に新たなビジネスチャンスとして高齢者向け宅配弁当があります。

高齢者向け宅配弁当とはどのようなサービスなのか

高齢者になると体を動かすことが辛くなり、全体的な筋肉量も低下するので外出が面倒になってしまいます。その上に自炊というのはほとんどの場合に立ったままで行っているので、身体に対する負担が大きくなってしまうでしょう。

そのような理由から食事を簡単なものばかりにすると体力の低下を招いてしまうため、その改善策で登場したのが高齢者向け宅配弁当というサービスです。これは弁当を製造する業者が栄養バランスからメニューを考案し、対象となる高齢者の自宅まで運ぶというものであり、自分で食事を作らなくてもいいという手間が無くなるだけでなく、食事によって必要な栄養素を補うことができるようになります。

また、自宅に弁当を届けるということは見守りにもなり、病気などで突発的に体を動かせなくなった場合でも適切な対応を行うことができます。介護保険法は三年に一回改定されますが、一人暮らしの高齢者に対する見守りと栄養状態の改善は常に重要視されていて、高齢者向け宅配弁当は有効な方法という位置づけになっているので、これから将来的にも発展する可能性がとても高くなっている業種です。

いつまでも元気で美味しい食事を摂ってもらうためにも、今よりも多くの人が業務を行っていくことでサービスの向上にも繋がり、利用者の増大によってビジネスとしても成功できるでしょう。新規のビジネスが成功しにくい状況の中で、確実に増える高齢者のための業務はとても有望です。

業務を新規で行う場合にフランチャイズと自営の違いとは

高齢者向け宅配弁当に新規参入するには自営業で独自に行う方法と、既に基本路線や経営手法が確立されている業者の所属に入り、フランチャイズという形態で行う方法があります。

フランチャイズになると、献立や使用する食材の調達、調理や配達などのオペレーションや集客のノウハウを提供してくれるます。

商売を始めても軌道に乗りにくいのはこのノウハウが無いからであり、その部分を先に行っている人の経験から対策が行えるというのは最大の強みです。

ただし、フランチャイズでは加盟金の支払いや独自路線での業務が自分の思う通りにできないなど制約もあり、全てを自身の考えた方針で行いたいのであれば自営業の方が適しています。自営業であればフランチャイズで必要になる店舗の形式やサービス内容もマニュアルに則って行う必要がなく、独自路線を出して他社との差別化がやりやすいというメリットがあります。

これが軌道に乗れば大きな利益になることは間違いありませんが、新規参入の人の場合は原価率や人件費などからどのように価格設定をすればいいの分からないので、ここで失敗する可能性も否めません。

自営業で行う場合には、そのような経験を他のところで体験するか、豊富な知識と経験を持っている人にアドバイスを受けるという方法を行った方がいいでしょう。どのようなやり方であってもいい面もあれば悪い面もあるので、後は実際に行う人が自分の状況から適切な判断をすることが求められます。

宅配サービスとコンビニではどちらがメリットがあるのか

高齢者向け宅配弁当は専門の業者だけが行っているわけではなく、現在はコンビニでもこのサービスを行っている店舗が増加しています。その理由は既存の方法では売り上げが頭打ちの状態となっていて、新規の顧客を求めていくことがこれから成長するための鍵になっているからです。

コンビニはほとんどがフランチャイズなので本部の方針から外れることはできませんが、宅配サービスについては本部も了承している会社が多いので、特に問題はありません。そこで専門的に行っている業者とコンビニではどちらがメリットはあるかということですが、こちらも両者共にメリットとデメリットがあります。

コンビニの場合は宅配するための店員を別途雇う必要があり、需要が多ければ回収は可能ですが、現在は高齢者になるとコンビニは疎遠になる傾向が強くなっているので、どこまで需要が上がるのか判断が難しくなっています。

専門業者は元から宅配サービスをメインに置いているのでそのような懸念材料は少なくなっていますが、顧客数を増やしていかなければ売り上げが上がらないので、営業活動を積極的に行っていかなければ経営が困難になってしまうでしょう。

この点はコンビニであれば店舗に来る客に対する販売で補填することも可能なので、どちらにしても万事が効率よく進むというわけではないため、最終的な判断はオーナーになる人が総合的な見地から判断するしかありません。

 

医療技術と生活水準の向上は確実に人間の寿命を長くすることに寄与していますが、高齢者の増加に対する対応は常に後手に回ることが多くなっています。高齢者向け宅配弁当は時代のニーズに合った業務であり発展するチャンスは高くなっているので、自分にとって最良の判断を下して成功させてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧