独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当をとりまく環境

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/14

高齢化社会が進む中、自宅で介護や医療を受ける高齢者が増えていますが、生活の全てを介護保険や医療保険でまかなうことはできません。そこで高齢者向け宅配弁当が注目されています。そこで、高齢者向け宅配弁当が何故注目されているのかを解説していきます。

介護保険はどうなっていくのか

超高齢化社会が進むことが予測されており、これに対して介護保険制度が始まりましたが、この介護保険制度は3年に一回改正されています。介護保険が始まった2000年には、介護保険を利用した高齢者は約150万人いましたが、2015年には560万人に増加しました。これに対して、介護保険の費用も2000年では3.6兆円、2015年には9.2兆円と大幅に増加しています。

今後もさらに高齢者の数は増加するため、介護保険の費用も増加するとみられています。そこで、介護保険では、介護が必要になってもできるだけ自宅で介護を受けるように方向付けされているほか、訪問介護でヘルパーが担当していた食事の用意などの生活支援も高齢者向け宅配弁当の活用など自費のサービスを活用するように方向付けられています。

2015年の介護保険制度改正では地域包括ケアシステムという各自治体が自宅で介護や医療を受けるために必要な体制を構築するように改正されたことで、いっそう、在宅医療や在宅介護が進められるようになりました。

こうした改正により、高齢者向け宅配弁当はこれまで以上に、地域の高齢者の生活を支える存在として注目されるようになっていますので、さらに利用者数が増加すると考えられています。

地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン

2017年には、厚生労働省が地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドラインを発表し、高齢者向け宅配弁当の事業者に対し、高齢者の食事を支える上で、栄養管理を重視したガイドラインを提示しました。このガイドラインでは、様々な要因で栄養状態が悪化しがちな高齢者の健康を栄養面でしっかりと支えるための考え方や方向性を示しています。

高齢になると徐々に体が衰えてきますが、医療や薬が必要となる前から栄養をしっかりと摂って、健康な体を維持することは医療や介護に必要な費用を抑制するために有効です。そのため、高齢者向け宅配弁当には、献立作成のあり方や栄養価の基準やブレ幅、糖尿病や腎臓病などの栄養価調整が必要な方や、噛む力や飲み込む力が衰えた方用の弁当の開発など、様々な指針を示しました。

全ての高齢者向け宅配弁当事業者がガイドラインに沿って運営出来ているわけではありませんが、今後の高齢者向け宅配弁当の方向性が示されたことにより、各自治体を通じて、医療や介護の業界では、これまで以上に高齢者向け宅配弁当に注目しています。

個人で経営を考えた場合、このガイドラインに沿ったお弁当を提供するためには、非常に手間と時間を必要としますが、フランチャイズでの開業であれば、ある程度のレベルで対応できている本部もあるので、フランチャイズ本部の担当者に確認してみると良いかもしれません。

地域における高齢者向け宅配弁当の役割

高齢者向け宅配弁当は、ご自身で買い物や食事の用意が困難な方にとって、とても便利なサービスのため、今後も利用者数が増加すると考えられています。元々は食事の用意が困難な方向けに始められたサービスですが、次第にその役割が変わってきており、高齢者向け宅配弁当は見守りや安否確認がセットになっていると認識している方がほとんどです。

遠くで離れて暮らす家族にとって、お弁当と一緒に様子を見てきてくれるのは、非常に頼もしいサービスです。中には認知症の方もいますので、徘徊などのトラブルを早期発見するために市区町村のサービスとして民間事業者に見守り活動を委託する形で助成金を支払っているところもあります。そういった意味では、高齢者向け宅配弁当は見守りや安否確認は必須のサービスとも言えます。この見守りや安否確認に加えて、様々な理由から低栄養になりがちな高齢者の栄養状態の改善を目的とした自治体のサービスを開始するところも増えています。

栄養状態が健全であれば、病気になりにくいので、結果として医療や介護が必要になる時期を遅らせることにつながり、医療・薬・介護といった社会保障費が削減できることになります。そういった意味では、今後高齢者向け宅配弁当は見守りや安否確認に加えて栄養面が注目されるかもしれません

フランチャイズで開業を考える上で、本部が栄養面について、どういった考え方や取組みをしているのかを確認することで、開業後に地域の関係者から信頼される本部を選ぶことができるでしょう。

 

高齢者向け宅配弁当は介護保険などの改正により、ニーズが拡大しています。弁当を届けるだけでなく、その弁当の栄養価や安否確認といったサービスが充実することで、より多くのお客様から注文が期待できます。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧