独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当のFCなら人件費が最小化できる理由とは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/27

どのような仕事をする場合でも、利益を生むためにはそれに応じた各種の費用が必要になります。その中でも人件費は利益の額に大きく影響することが多いですが、人件費をかけないでも安定した利益を生み出せることで人気があるのが、フランチャイズの高齢者向け宅配弁当販売店です。

弁当製造のための費用を抑えるメリット

フランチャイズの高齢者向け宅配弁当販売店で人件費がかからない一番大きな理由は、弁当を作るために必要な人員が最低限に抑えられる仕組みがあるからです。フランチャイズのお店では、調理済みの食材が本部から届くので、湯煎などの簡単な加熱調理をした後、容器に盛り付けるだけで弁当が完成します。

加熱して盛り付けるだけですから、誰でも簡単に作ることが出来ます。同じ調理でも自前で調理しようとすると、食材の下拵えから始まり、食材を煮たり、焼いたりという業務が発生します。もちろんお弁当ですから、品数も何種類か用意する必要がありますので、その分の時間と手間が非常に大きくなります。

結局は、一人でまかないきれず、人を雇うことになりますが、採用したからと言って、一人前の技術を身に着けるまでにも一定の時間が必要です。技術が身につくまでは給料を減額するわけにもいきませんので、実際に発生する人件費は、かなりの額になるのではないでしょうか。

また、自前で調理する場合、肉や魚等は、使えない部分、ロスが発生しますが、フランチャイズの場合、調理済み食材をその日に使用する分量だけ発注するので、ロスもかなりの圧縮が出来るのです。

配達のための費用を抑えるメリット

高齢者向け宅配弁当は、デリバリーのピザや寿司のように単価が高い商売ではないので、都度配達ではなく、牛乳配達や新聞配達のようにルート配送という形をとります。お弁当を運ぶにも時間と手間がかかりますが、契約しているお客様の数が少ないうちは、経営者が自ら運ぶことで、人件費を抑えることが出来ます。

移動距離にもよりますが一人で配達できる件数は1回20件から30件ぐらいですので、どのように回ったら、1件1件の移動距離が短いのかを考える必要があります。しかし高齢者向け宅配弁当では、ただ弁当を運べばよいわけではありません。見守りや安否確認といったことも求められていますので、新聞配達のようにポストに入れておくだけで良いというわけではありません。そのため、お客様が増えてくると、自分ひとりでは配達しきれませんので、従業員を雇う必要があります。

高齢者向け宅配弁当のお客様には寝たきりの方や、足が悪い方もいますので、それぞれ決まった配達の方法がある場合も出てくるでしょう。こういったお客様一人一人の情報の管理をしっかりとしておかないと、従業員が理解できずに、対応を間違えてしまうこともありますし、大きなクレームにもつながってしまいます。

こうした顧客情報の管理もフランチャイズ本部ではシステム化しています。また、配達や顧客情報の管理についても、フランチャイズ本部では、しっかりとマニュアル化されているので、結果的に雇用した従業員が一人前になる期間の短縮にもつながるでしょう。

人を雇うことで必要になる費用を抑えるメリット

人を雇うために必要なことはどんなことがあるのでしょうか。家族や知人、友人に手伝ってもらうのであれば、採用にかかる費用は必要ありませんが、そういった当てがない人は、求人広告を出すことが一般的です。求人広告は、インターネットや、フリーペーパー等がありますが、採用したい従業員の年齢層や性別、また地域によっても有効な媒体が異なります。東京近郊で効果的な方法が、その他の地域で有効とは限らないのです。

自分で高齢者向け宅配弁当店を立ち上げた場合、直近にその地域で何等かの採用活動をしていた経験があれば、その経験を活かすことができますが、そういった採用の経験が無ければ、一から考えて、ベストな選択をとらなくてはなりません。

求人広告の会社に言われたとおりに求人広告を出したからと言って、応募が1件も来ないこともありますので、多くの会社や店舗では、採用活動に多くの費用や時間を費やしているのです。特に大きなフランチャイズ本部では、全国の加盟店の採用の情報が集まり、効果的な採用のノウハウを持っていたり、マニュアルを用意している本部もあります。こういったノウハウを活用することで、募集広告の費用を効果的に使うメリットがあります。

また、採用したとしても、入店したばかりで何もわからない従業員がいると、一つ一つの指導に手間がかかるため、かえって足手まといになることもあります。こうした従業員の指導の手間も、フランチャイズ本部では業務マニュアルを用意しており、マニュアルを読むだけで、ある程度の業務に必要な知識を習得できますし、調理などの業務の簡素化されているので一人前になるまでの期間が大幅に短縮されるメリットがあります。また、フランチャイズ本部ではスーパーバイザーと呼ばれる店舗の指導員がいますので、スーパーバイザーから、採用や従業員指導に対する的確なアドバイスももらうことが期待できます。

 

経営者が一人で全てを担当する小規模の事業を考えているのであれば、マニュアルや仕組みは必要ないですが、将来的に大きな事業を考えるのであれば、フランチャイズに加盟したほうが事業拡大のスピードが速く、より大きな事業につながる可能性があります。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧