独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当フランチャイズの自己資金はどのくらい必要?

需要が高まっているフランチャイズの一つに高齢者向け宅配弁当というのがあります。元々宅配弁当というのは一定の需要はあるものですが、高齢者向けに特化することで安定した顧客を確保することができますし、またフランチャイズに加盟することで材料費を節約し利益率を高めると言ったことも可能となるのです。

高齢者向け宅配弁当のフランチャイズは選ばれる理由は

宅配弁当というのは一定の需要はあるのですが、その中でも高齢者向け宅配弁当というのは今後も十分に市場が拡大していくものと考えられます。その社会的ニーズが高まる理由としては、少子高齢化や核家族化によって高齢者の食事事情が悪化しているということが挙げられるのです。

特に介護保険による公的サービスは削減される傾向にあるため、自宅で食事をする高齢者も増加すると考えられます。このような状況になれば、自身で調理することが出来ない、難しいといった高齢者への宅配弁当の需要は今後も高まっていくものです。

一方で飲食店と一緒に経営するのではなく宅配弁当に特化するメリットとしては、少ない投資金額やランニングコストの低さにあります。飲食店を経営しつつ宅配弁当を行ったり、店舗で弁当を販売するといった場合は立地が重要になってくるもので、当然ながらあらゆるコストが高まるものです。

しかし宅配に特化すれば、一等地に出店する必要はありませんので、コストを抑えることができます。また注文を受けたぶんだけの弁当を作れば良いので、飲食店や店舗で販売する形態とは異なり需要予測をそれほどする必要はなく、雇用する場合にしても最低限のスタッフで始めることができます。

それに食事は毎日のことですから、一定期間は利用してくれますし、満足いく内容であれば長期間にわたって利用してくれるものです。その点から、経営が軌道に乗れば収益が期待できます。

独自に開業するリスクとフランチャイズ加盟のリスク

高齢者向け宅配弁当というのは将来性のある事業で、またコストも少なくて済み安定した収益が期待できます。もちろんフランチャイズに加盟するのではなく、独自に開業するというケースもありますが、実際のところ業界未経験の人間が行うにはリスクの高いものです。

もともと飲食店を経営していたとしても、飲食店で提供していたお客様と、高齢のお客様では、好みも異なることもありますし、重要視している点も異なるので、うまくいくとは限りません。

飲食店は外食として考えらえるので、普段の食卓では出てこない料理や、価格、ボリューム、味などから判断されますが、高齢者向け宅配弁当は、自宅で食べる内食で、毎日召し上がってもらうものですし、自宅で食事の用意が困難な方が中心なので、栄養面なども重要視されます。飲食店で人気のあるメニューが、そのまま人気になるとは言えないのです。

高齢者にとって喜ばれる料理を開発したとしても、毎日のことですから、何百種類も作らなくてはいけませんし、食材の硬さ、大きさ、飲み込みやすさなどの工夫も必要になるので、これまで培ってきた技術とは異なる技術を要求されるかもしれません。

大手のフランチャイズで開業すれば、高齢者に特化した食材を開発していますので、こういった面はすぐにクリアすることが出来るだけでなく、集客のノウハウなど運営する上で必要なノウハウを教えてくれるので、その点は安心と言えます。

しかし大手のフランチャイズにもリスクはあります。大手のフランチャイズは、セントラルキッチンと言われるところで、一括で製造されているところも多くありますが、災害などでセントラルキッチンが稼働しなくなってしまった場合、食材の供給がストップしてしまい、そもそもの営業が出来なくなることもあります。

原油高や円高などの社会情勢の変化で、原材料が高騰し、仕入れ原価が高くなってしまう可能性もあるので、契約する前に、災害などのリスクヘッジが出来ているのかという面も確認する必要もあるでしょう。

開業するために必要な自己資金はどれくらいかかるのか

高齢者向け宅配弁当のフランチャイズを始める場合には様々な資金が必要になります。資金の内容としてはフランチャイズ本部に支払う加盟料や保証金、研修費などもそうですが、実際に店舗を設営する費用や、店舗で調理をする備品、配達車両なども必要となります。また、人を採用するのであれば、求人募集広告の費用なども考えなければいけません。

開業費用の中でも大きな費用は、店舗物件を借りる際に必要な費用と、店舗を作るときに必要な内装費や厨房什器です。例えば家賃10万円の物件を借りるのであれば、敷金や礼金、保証金といった不動産屋に支払う資金が最低でも50万円はかかりますし、厨房什器も新品で全てそろえるのであれば、300万円以上かかります。また配達車両も同様に費用が発生するので、実際にどれぐらいの費用が発生するのかをフランチャイズ本部の担当者に確認しなければなりません。

また、高齢者向け宅配弁当事業は、売上が徐々に伸びることから、赤字期間の運転資金も準備する必要がありますので、併せて本部の担当者に確認しましょう。

 

高齢者向け宅配弁当事業は、フランチャイズを利用することでリスクを最小化して始めることができるものですが、開業後のリスクにもしっかりと対応しているのかしっかりと確認することが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧