独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当をフランチャイズで開業する流れ

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/05/21

高齢化が進む中で、高齢者向け宅配弁当が注目を集めています。そこで今回は、高齢者向け宅配弁当をフランチャイズで開業するために、必要な知識などをご紹介します。宅配弁当のニーズはあるのかどうか、そして開業に必要な資格の有無や開業までの流れをご説明します。興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

高齢者向け宅配弁当のニーズは?

実際のところ、高齢者向け宅配弁当のニーズはあるのでしょうか。高齢者向け宅配弁当には、個別の宅配と、高齢者施設への宅配がありますが、近年どちらもニーズが高まっています

毎日の食事作りは、高齢者の方にとって負担となる家事の1つです。献立を考え、食材を買い、料理して片づけをするまで、手間暇がかかる作業です。社会の高齢化が進むにつれて、今後ますます宅配弁当へのニーズが高まることが期待できます。

高齢者向け宅配弁当は管理栄養士によって栄養バランスが考えられています。塩分やカロリーを控えたメニューも豊富です。さらに、ムース食ややわらか食など、高齢者の方が食べやすいような工夫もされています。さらに、現代は高齢者の孤独死が社会問題となっています。個別の宅配では、利用者へ直接お弁当を手渡しするため、安否確認の役割も担っているのです。

資格は必要?

宅配弁当のフランチャイズ開業には、2つの資格が求められています。順にご説明しましょう。

食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、食品の衛生管理に関わる資格です。食中毒を防ぐなど、食品の衛生管理に関する知識と能力を備えていることを証明する資格です。食品衛生法によって、1つの店舗につき食品衛生責任者を1人設置することが義務付けられています。オーナー本人でなくても構いません。各都道府県が実施する講習会を受講することで、資格取得が可能です。資格取得後は、保健所へ申請を行います。

飲食店営業許可

飲食店営業許可とは、保健所から飲食店営業の承認をもらうことです。飲食店営業許可を得るためには、2つの条件があります。1つは、その店舗に食品衛生責任者がいることです。もう1つは、店舗に関わる内容です。例えば、温度計付き冷蔵庫などの必要な設備が厨房にあること、厨房の床は掃除がしやすい造りになっていることなどです。このような店舗に関する条件は、各自治体によって異なります。自分が開業しようとする地域の自治体に問い合わせてみましょう。保健所で申請し、後日検査を受けることで許可がもらえます

開業の流れ

フランチャイズ開業までの流れについても気になる部分だと思います。開業までのステップを、1つずつご説明します。

説明会

まずは、フランチャイズ宅配弁当を行っている会社へ問い合わせをしましょう。加盟希望者向けの説明会が開催されているので、出席します。説明会では、企業理念などの方針を聞くことができますし、お弁当を試食できる場合もあります。また、初期費用やロイヤリティなど、費用についても気になる部分ですね。会社によって、加盟者が支払う必要経費も大きく異なります。開業前後のサポート内容は充実しているかどうかなど、いくつかの説明会に出席してみてどの会社に加盟するのか比較検討することも可能です。

具体的な打ち合わせ

事業計画について、本部の担当者との詳細な打ち合わせを行います。収益について、また開業する地域についても話し合います。この段階で話し合いが上手くいかないと、契約締結に至らない場合もあります。複数の会社の担当者と打ち合わせをしてみて、フランチャイズ加盟する会社を選ぶことができます。

店舗見学

何社か選ぶことが出来ましたら、その会社が運営する店舗の見学をしてみてください。店舗の運営状況を見学する事ができ、店舗オペレーションの流れを把握する事が出来ます。また会社によっては、実際にフランチャイズオーナーの話を聞く事が出来る事もありますので、店舗運営上での色々な経験談を聞く事が出来ます。その上で納得できるフランチャイズ本部を選んで下さい。

契約締結とフランチャイズ加盟

納得できる会社が見つかれば、いよいよ契約書を交わして正式にフランチャイズ加盟します。この際、初期経費を納入する必要があります。まとまった金額が必要な場合もあるので、あらかじめよく確認しておきましょう。

物件選定

続いても重要なステップの1つ、物件選定です。本部からも、物件探しに関するアドバイスをしてもらえます。高齢者向け宅配弁当事業の立地は宅配が主な業務である為、好立地の場所はいりません。ただし立地場所が駅から遠い、分かりにくいなどの立地はスタッフ募集の際に影響することなどを考慮に入れ、物件選定をすることが重要です。

工事・開店準備

物件を契約すると、必要に応じて内装などの工事を行います。また、事務用品、容器など、必要な道具も購入して開店へ備えます。

研修

フランチャイズ加盟すると、本部のシステムを利用して運営することになります。情報管理などを含め、それらのシステムの利用方法について研修を受講します。お弁当の配達方法についてなど、実用的な方法についても学びます。以上の流れで開店準備が完了します。

 

高齢者向け宅配弁当をフランチャイズで開業する流れについてご紹介しました。高齢化社会が進む中、ますます宅配弁当へのニーズが高まっています。そのため、高齢者向け宅配弁当をフランチャイズで始めれば、安定した収入を得ることが期待できるビジネスです。興味を持っていただけたら、ぜひフランチャイズ開業を検討してみてください。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧