独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCなら管理栄養士免許は不要ってホント?

2010年から各大手企業が参入し出した高齢者向け宅配弁当サービスは、今後も大きく躍進するサービス業界といえます。フランチャイズ契約で店舗を構えた場合は管理栄養士資格が不要で起業しやすいというメリットがあります。

そこで今回は、高齢者向け宅配弁当のフランチャイズ契約と管理栄養士資格が不要な理由について詳しく見ていきましょう。

高齢者向け宅配弁当サービスとは何?

「高齢者向け宅配弁当」とは、65歳以上の高齢者を対象にしたデリバリー弁当サービスのことを指します。利用する高齢者は、自宅で介護や医療を受けている方が多いですが、介護保険や医療保険の適応外のサービスです。

自宅で介護や医療のサービスを受けているため、一般の方のお弁当とは大きく異なる点が、栄養価の調整にあります。高齢になると、塩分やエネルギー、たんぱく質などの栄養価をしっかりとコントロールする必要が出てきます。

心臓や血管に疾患があれば塩分を控えなければなりませんし、糖尿病などの病気であればエネルギーをコントロールする必要が出てくるのです。そのため、ただ美味しければそれで良いというわけではありません。ご家庭で栄養価を整えるにしても、専門知識が必要になるので、ご家族と同居していても、高齢者向け宅配弁当を利用する人も増えています。

また、栄養価の調整以外にも、高齢者向け宅配弁当は、遠く離れて暮らす家族からすると、見守りという意味合いも持っていますので、今後さらにニーズが増えると言えます。

高齢者向け宅配弁当店を経営する時、管理栄養士資格はいるの?

栄養価計算が重要となっている高齢者向け宅配弁当ですが、栄養の専門家として栄養士や管理栄養士の資格や知識を持った人が望まれます。実際に病院や高齢者施設の食事は管理栄養士がそれぞれの状態に合わせた献立を作成し提供していますし、多くの高齢者向け宅配弁当でも管理栄養士が献立を作成しています。

栄養士資格ですが、短期大学などで2年間の栄養士課程を卒業すると栄養士資格が取得できます。管理栄養士は、栄養士として3年の実務経験の後、国家試験を合格するか、大学などで4年間、管理栄養士課程を勉強し、国家試験を合格することで取得できる資格です。

高齢者向け宅配弁当に対しては、2017年に厚生労働省が地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドラインを定め、献立作成は管理栄養士か栄養士が作成することが望ましいとしていますので、これから高齢者向け宅配弁当を開業するためには、必須の資格となることも考えられます。

しかし、高齢者向け宅配弁当を開業しようと思っても、栄養士や管理栄養士の資格を自分で取得するにも、長い期間がかかりますし、これから始める事業で売上の見通しも立たないようでは、管理栄養士や栄養士を雇うことも難しいのではないでしょうか。

その点、フランチャイズに加盟すると、多くのフランチャイズ本部では管理栄養士が献立の作成を担当しているので、本部の指定した献立のお弁当を提供することで、資格を持っていなくとも同様の献立で提供出来ているということになります。そういった意味でもフランチャイズでの開業は便利です。

弁当調理も簡単、宅配に集中できる環境があるのがフランチャイズ

これから高齢者向け宅配弁当店を開業しようという方の中には、弁当は店で1から調理をしないといけないと思われていませんか。個人経営であれば弁当調理だけでなく食材や弁当箱の調達もご自身で行う必要があります。

しかし、フランチャイズ契約であれば、毎日事業本部から調理済みのおかずが届き、あとはレンジアップや湯煎といった簡単な加熱調理と盛り付けだけでお弁当が出来上がります。献立も管理栄養士が作成しており、高齢者にとって適した栄養価計算がされているので、お客様にも自信をもっておすすめすることが出来ます。

特に糖尿病や腎臓病、心臓病などの高齢者にとって、栄養価の調整は必要不可欠なものですから、それぞれの病状に応じた食事の提供が出来れば、それだけお客様の幅が広がり、利用したいというお客様が増えやすくなるのです。当然、それぞれの病状に合わせたお食事を作ることもでき、フランチャイズでは本部で管理栄養士を配置しているので、その手間も人件費も不要です。

さらに食材も本部が指定するものを使うことで、簡単に栄養価計算されたお弁当の提供が出来ます。これにより、調理や献立作成にかかる手間や人件費を、配達や集客のために振り分けることが出来るので、売上の規模も拡大しやすくなります。

業務が集中し、配達時の接客や電話応対が雑になってしまえば、お客様は増えるどころか、クレームになったりして、売上は下がる一方となりがちですが、フランチャイズに加盟することで、配達時の接客や電話応対にも余裕が出来るため、結果として売上が増える要因になるのではないでしょうか。

 

以上、高齢者向け宅配弁当サービスの概要についての紹介でした。管理栄養士資格が不要というのがフランチャイズ契約のメリットであり、個人経営よりも大幅に負担を減らせることでしょう。フランチャイズは起業するにあたり、少しでも楽な環境を手に入れられる魅力的なサービスといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧