独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当でFC経営するなら個人と法人どっちがいい?

高齢化に伴い、高齢者向け宅配弁当の需要は増えています。また高齢化はこれからも進むことから宅配弁当の需要は衰えることはないでしょう。高齢者向け宅配弁当の事業に参入するにあたり、自営業かフランチャイズ、フランチャイズ経営でも個人か法人かで分かれます。同じ経営でも個人と法人とではやり方がまったく異なります。

なぜ高齢者向け宅配弁当が人気なのか

少子高齢化に伴い、高齢者の人口は増えています。高齢者向けの宅配弁当は電話やインターネットで注文をすると、栄養のある食事を自宅まで届けてくれることから近年需要が高まってきています。

またカロリー・塩分・糖質がコントロールされたお弁当が選べるのが特徴です。離れて暮らす家族にとっても、年を取った親の毎日の食事は気になりますし、見守り機能として使う方もいるようです。人によっては歯の欠損や入れ歯、筋力の低下によって咀嚼・嚥下がうまくできない人もいます。同居の家族の負担を減らすという意味でも宅配弁当の需要は高まっているのです。

これからも高齢化は進んでいくこと、また一人暮らしの高齢者は増えていくことが予想されるので、高齢者向け宅配弁当の需要はこれからも高くなり、マーケットも拡大されることが予想できます。

宅配弁当は注文を受けた分だけ弁当を用意すればいいので必要な材料、必要な人員もわかりやすいことから他の業種よりも見通しがつきやすいのが特徴です。在庫の心配をしなくていいというのは大きいですよね。

そして毎日必要な食事ですから、一度購入した顧客が満足すればリピーターとなってくれる可能性があります。一定数の注文が見込めるようになれば、比例して安定した収益を見込むことができます。宅配弁当なので駅の近くなどの立地条件をそれほど気にする必要もありません。

個人でフランチャイズ経営をするということは

個人で起業する方法といえば、自営業かフランチャイズ契約をして行うかのどちらかになるでしょう。自営業は企業に雇われないで行うのに対し、フランチャイズは本部と契約を結び加盟店として経営をするため、本部と契約をする際に定められた契約金を払う必要があります。自営業は一から自分で準備をしていくのに対し、フランチャイズの場合は本部からほぼ完成されたノウハウが提供されるので個人事業主として駆け出しでもスムーズに経営することができるのがメリットです。

しかし注意をしないといけない事として、最初はフランチャイズ契約を結んで本部にロイヤリティ(対価)を払っていたものの、自営業としてやっていきたいとなったときこれまでの事業経験を生かすことができない場合もあります。

また自営業では一から自分のブランドを築くのは大変ですが、フランチャイズはその必要はありません。契約を結んだ本部の世間的な印象がよければ自分が経営する店舗もいいですが、ブランド全体の印象が悪くなる不祥事を起きた場合は巻き込まれかねません。

そしてフランチャイズ経営は様々な支援を本部から受けることはできますが、自営業でなくても自分の店である点は同じです。どこの会社と契約すればいいかということから始まり、店のオーナーとして様々な人たちとコミュニケーションをする必要がありますし、任せられた地域でどのように経営が軌道に乗れるかはその人自身の力量でもあります。

FC経営を法人で行うというのは?

宅配弁当のフランチャイズを個人ではなく法人で行うことも可能です。フランチャイズは個人か法人かを選ぶことができ、法人として活動している会社でも作ったばかりの会社でも参加することができます。

法人がフランチャイズ契約を結んで参入するとき、定款に書いた事業内容と異なる場合は内容を変更する必要もあります。個人同様に法人も本部の事前説明会に参加する必要がありますし、参加条件の交渉を行う必要があります。

法人が新規事業としてフランチャイズに参加するメリットとしては事業の拡大、転換が図れるという点です。たとえ新規参入した事業が失敗したとしても他の事業で補うことができます。また既存の事業の業績が思わしくない場合は事業転換が可能です。

しかも高齢者向け宅配弁当の事業はこれから拡大していく可能性が高い事業です。これまでの事業と親和性が高いならば参入しない手はありません。法人がフランチャイズ経営に参入するときの注意点としては、本部によって兼業は不可としているところがある場合です。

また個人で行う場合と同様に、本部の経営状態や不祥事によってはこちらも不利益を被ることがありえます。 ある程度の売り上げがある場合、個人事業主よりも法人のほうが得であるといわれています。法人の場合は法人税を払うだけでいいですし、経費にできる範囲も広いため、経費が多いほど払う税金も少なくて済みます。

 

高齢者向け宅配弁当の需要はこれからも衰えないでしょう。フランチャイズ経営において売上の規模が大きければ、法人として運営するほうが、個人事業主よりも税金の負担を軽減できる等のメリットが多いと言えるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧