独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

未経験でも安心!高齢者向け宅配弁当FC本部の選び方のポイントとは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/27

高齢者向け宅配弁当のフランチャイズ店は、未経験者でも始めやすい仕事です。しかし、どこのフランチャイズの本部と契約するかという選択で、選んだ本部によって売上も大きく異なる場合があります。そのために未経験者にとって本部選びは非常に重要になるのですが、ここでは安心してお店が経営できる選び方のポイントについて紹介します。

加盟店に対する経営のサポートの手厚さ

高齢者向け宅配弁当サービスを行っているフランチャイズの会社は、それぞれの会社に設置された本部で、加盟店の指導やサポートを行っています。そのために、未経験者が新しく事業を始める場合には、契約する本部の選び方が重要なポイントになります。本部を選ぶ際に基準となることはいくつかありますが、その中でも特に重要なのが加盟店へのサポートの手厚さです。

実際に開業するにあたって、本部がどこまでしっかりとサポートしてくれるかということが、安定した経営ができるかどうかの重要なポイントになります。開業をするまでに必要な研修の内容などもお店によって大きく異なっていて、安定した経営をできるようにするためのノウハウをわかりやすく教えてくれるような会社であれば、実際に経営を始めたときに、習得した知識を運営に役立てることができます。

高齢者向け宅配弁当店は、その他の物販店や飲食店と異なり、店舗を構えていればお客様が来店し買い物してくれるわけではありません。ターゲットである高齢者にどのようにして、認知してもらい、使ってみようと思ってもらえるのか、それだけでなく、そこにはコストの面も考えなければなりません。

無尽蔵に広告にお金をかければ認知度も向上し、新規のお客様は増えるかもしれませんが、費用対効果として見たときに採算がとれなければ、いずれ資金が底をついてしまいます。集客の方法や、店舗で発生する費用の圧縮等にもノウハウをもっているフランチャイズ本部選ぶことが、成功するための条件とも言えます。

加盟のために必要になる各種の条件

高齢者向け宅配弁当サービスを行っているフランチャイズの本部を選ぶ場合には、加盟店になるために必要な条件を確認しましょう。フランチャイズ本部によって、加盟金、保証金、研修費などの本部に契約当初に支払う費用もありますし、その金額も異なります。

また、月々の売上に対するロイヤリティや会費、システムの使用料などの費用も支払うこともあります。これらの費用は安いに越したことがないですが、安いにはそれなりの理由もあるので、注意が必要です。

例えば、加盟金が発生している契約の会社は、商圏を保障して、その後、同系列のフランチャイズ店舗が商圏には出店しない等の優遇処置があったり、加盟金が発生しない代わりに、同系列のフランチャイズ店舗の出店に制限がない会社もあるようです。

商圏保障がある場合は、他社との競争になりますが、自社同士で競合することで、どのようなメリットとデメリットがあるのかを理解して加盟しないと、こんなはずではなかったというようなリスクがあります。

最初にかかる費用としては、研修費もあります。費用も大切なことですが、研修でどのような事をどのぐらいの期間で学ぶのか、研修後にはどのようなサポートがあるのかなども確認したほうが良いでしょう。

ロイヤリティや店舗指導などの条件

また、月々に発生するロイヤリティの対価も考えてみましょう。ロイヤリティが発生する代わりに、手厚く店舗の経営を支えてくれる会社もあれば、ロイヤリティが無い代わりに、最低限のサポートしかない会社もあります。

もともと、介護業界に詳しく、人脈も豊富な方であれば、フランチャイズ本部のサポートは必要ないかもしれませんし、全く関係ない事業をしていて、全くの新規参入であれば、手探りで事業を進めていかなければなりません。フランチャイズに加盟する前に、自分がどの程度の知識とノウハウ、人脈を活用できるのかを整理して、自分に適したフランチャイズ本部と契約することをお勧めします。

高齢者向け宅配弁当では、弁当の調理、配達といった慣れれば、誰でも簡単にできる業務だけではありません。営業先との付き合い方、営業先の開拓といった業務もあれば、従業員の採用、育成、管理などの人のマネジメントに関わる業務、お客様の対応も接客だけでなく、クレーム対応などもあるでしょう。これらに対応するノウハウがなければ売上の拡大は望めませんので、ノウハウがあるのか、どのように提供されるのかなども確認が必要です。

もちろん、商品力も大事な要素です。お客様のニーズに合わせたお弁当の提供が出来なければ、注文されることはありません。高齢になると、生活習慣病にかかってしまい、食事に大きな制限がある場合もありますし、歯の問題などで硬いものが苦手な場合もありますので、それぞれの特徴に沿ったお弁当のラインナップも重要な要素です。

価格についても同様です。低価格であれば、お客様には選択されやすいですが、反面利益が見込めないことだって考えられますし、利益は見込めても、高すぎるお弁当は選ばれません。それぞれのフランチャイズでは、既にオープンしている店舗の売上を把握していますので、実際の店舗の売上などを確認することで、そのフランチャイズの商品力だけでなく、店舗の売上を獲得する上でのノウハウやサポート力なども判断する材料とすることが出来ます。

 

フランチャイズでの高齢者向け宅配弁当を検討する上では、加盟金などのコストと、その後のサポートによって、最終的にどのぐらいの売上や利益を見込めるのか、開業後の仕事として、安定して運営できる体制にあるのかをしっかりと確認しましょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧