独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCを始めるまでの手順とは?主な流れを理解しよう!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/08/24

フランチャイズで宅配弁当業を始めると決断したものの、開業までのイメージが湧かないという人は少なくないでしょう。ざっくりと流れを理解しておけば、すべきことが明確になり焦ることなく準備を進めていけるものです。そこで今回は、本部への加盟から開業までの流れや、事業の失敗を防ぐ方法を紹介します。しっかりと押さえましょう。

高齢者向け宅配弁当FCを始めるメリット

高齢者向けの宅配弁当業は、高齢者の増加により今後も成長が見込めます。また、継続的なお客様に新規のお客様が積み重なるストック型ビジネスなので、続けるほど成果につながる特徴があります。社会貢献性も高く、やりがいを感じられる仕事ともいえるでしょう。

そんな高齢者向けの宅配弁当業は、フランチャイズで始めるとさらなるメリットが期待できるのです。そのメリットを2つ紹介します。

経営経験がなくても開業できる

未経験でも本部の経営ノウハウをもとに運営できることが、フランチャイズの最大のメリットといえるでしょう。お弁当のメニューを一から考えなくてよいうえ、基本的には調理済みの食材を盛り付けるだけなので、調理経験も必要ありません。

さらに、販促物やメニューカタログなども本部のものが利用できます。原材料の安全性や品質が保証されており、お客様の信頼も得やすいでしょう。本部のブランド力を借りることができるので、店舗の売り上げ拡大に専念できるのです。

初期投資を抑えられる

宅配サービス業なので、大がかりな厨房設備は必要ありません。初めは1人で経営も可能なうえ、加盟金や保証金が0円の本部もあるので、比較的安い初期投資で開業できます。

資金が足りない場合は融資を受けることもあるでしょう。しかし未経験で実績がない場合、融資を受けられない可能性があります。

その点フランチャイズだと、過去の加盟店の事業実績をもとに詳細な事業計画書を作れるため、融資を受けやすくなります。初期投資が安くすむことから、すでに飲食店を経営している方も参入しやすく、2店舗目、3店舗目と事業拡大も可能です。

高齢者向け宅配弁当FCを始めるまでの手順

それでは、フランチャイズで宅配弁当業を始めるまでの手順を解説します。本部によって順番は前後しますが、一例として参考にしてみてください。

情報収集

まずは興味のある本部の情報収集をします。資料を請求したり説明会に参加したりして、あらゆる点から比較しましょう。説明会では、実際の加盟者の取り組み状況や店舗のレイアウトを見ることができます。気になることは質問し、経営理念、経営状態、収益性、サポート体制、将来性など多角的に検討することが大切です。

エリア選定

開業したいエリアで成功するかどうか、データをもとに本部と話し合います。市場性がないと判断されれば、断られる可能性もあるでしょう。すべて本部任せにせず、長期的に経営が可能かどうか自分でも考えることが大切です。

契約

本部に加盟金や保証金、研修費の支払いをして契約となります。加盟金や保証金が無料の本部もありますが、物件取得費や改装費は必要な場合が多いです。準備可能か事前に確認しておきましょう。

物件取得

工事があまり必要ない物件を紹介してくれるなど、物件選びのサポートをしてくれる本部もあります。宅配弁当業は比較的小さな物件で始められるので、自宅を改装して利用することもできます。

施工、備品の用意

必要があれば、建物の改装を行います。飲食店のような設備は必要ないので、大がかりな施工にならないことが多いでしょう。その後内装を整えて、事務用品や容器などの準備を行います。

研修

期間や内容はさまざまです。お弁当の盛り付け方法や、本部の顧客管理システムの使い方を教わったり、営業同行をしたりして実際の業務を覚えます。ここまで終えると、晴れて開業となります。

高齢者向け宅配弁当FCの失敗を防ぐためには?

たくさん準備を重ねて開業するため、成功させたいですよね。ここでは、フランチャイズでの開業の失敗を防ぐポイントを3つ紹介します。

資金不足対策をする

本部から提示された諸条件や設備投資、家賃、人件費など経費を細かく計算し、資金の目処をしっかり立てておきましょう。開業後、売り上げが伸びなくても半年程度運営できる資金を準備できていれば、精神的にも余裕が出ます。

売り上げが安定するまでには時間がかかるので、家賃、車やバイク、人件費などを抑えられないか考えることも大切です。

本部を慎重に選ぶ

初期投資を何年で回収できるのか、研修やサポートが充実しているかなど慎重に比較して本部を選びましょう。本部のブランド力が下がると、集客が難しくなる可能性もあります。

また、店舗があまりに目立たないと認知されにくいので立地も重要です。希望の場所での開業ができない場合もあるので、事前の情報収集や本部との相談は慎重に行いましょう。

経営を学ぶ

本部のノウハウを活用できるからといって、必ず成功するとは限りません。開業したエリアや環境に適した経営を、自ら考え学び、実践していく必要があります。経営者としての自覚を持ち、業務拡大や人材育成に力を入れていくことが大切です。

まとめ

今回は、宅配弁当をフランチャイズで開業する手順を解説しました。もちろん準備は簡単ではありません。しかし、高齢者向けの宅配弁当サービスは将来性もあり、ストック型ビジネスなので安定した収入も期待できます。事業を成功させられるよう、しっかり準備をして臨みましょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
記事一覧