独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCで廃業するオーナーに共通する特徴とは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24

2010年頃から日本で需要が急増している「高齢者向け宅配弁当」サービスですが、多くのオーナーが大手企業とフランチャイズ契約を結んでいるのが特徴です。需要が多くて経営が軌道に乗っている中でも、廃業をする方が少なからず存在します。

高齢者向け宅配弁当店の廃業する共通のパターンとは

高齢者の増加に伴い、各地でニーズが拡大する高齢者向け宅配弁当ですが、全ての店舗が順風満帆というわけではありません。開業しても、思うように売上が伸びず閉店してしまうこともあります。どんな事業でも同様に全員が成功するわけではないですが、高齢者の増加という社会的な後押しがあるので、失敗し難い業態ともいえるの中で、何故失敗してしまうのかを考えてみましょう。

高齢者向け宅配弁当は、一般的な飲食店や物販店と大きく異なる点として、ストック型ビジネスという点が挙げられます。飲食店や物販店であれば、視認性も良く、人通りが多いところに出店すれば、自然とお客様の目にとまるので、来店の期待が持てます。

オープン日などのキャンペーンをしたり、店前でチラシを配ったりすることで、お客様の来店を促すことが出来ますし、折り込みチラシなどの有効なツールです。ターゲットとなるお客様の範囲が広ければ、広いほど来店客数は増えるので、その分売上を獲得することが出来ます。

対して、高齢者向け宅配弁当のお客様は自宅で介護や医療を受けられている方が対象です。高齢者の割合は人口の30%弱ですが、さらにその中の在宅で介護を受けているとなると、さらに割合が減ることになります。そういった方に向けてピンポイントで高齢者向け宅配弁当を知ってもらうには、時間がかかります。

そのため、開業当初の売上は、非常に低い事だってあり得るのですが、お客様が段階的に増えることで売上が上昇しますので、損益分岐点に乗せるまでの期間は赤字経営ということになるのです。この赤字の期間に運転資金が尽きてしまえば、当然廃業することになるので、高齢者向け宅配弁当を開始するのであれば、一定期間赤字でも経営を続けられる資金が必要ということになります。

個人経営の高齢者向け宅配弁当店ほど廃業しやすい理由とは

弁当店というと一昔前は個人経営の店舗が多く存在していましたが、昨今では全国展開する大手チェーン店の弁当店が主流です。これは高齢者向け宅配弁当サービスにも当てはまることで、起業するオーナーにとっては至れり尽くせりなサポートを受けられるため、必然的にフランチャイズ店が増えたといっても過言ではないでしょう。

まず、高齢者向け宅配弁当を起業する場合、店舗をどこに設置するのか、どのような設備が必要なのか、内装や外装をどうすれば良いのかを考えなければなりません。個人で起業する場合、全部を自分で考える必要がありますので、場合によっては無駄な投資をしてしまうかもしれません。

また、安定した仕入れルートも自分で開拓する必要がありますが、売上がどのように増えていくのか等の予測も立たないので仕入れの条件も厳しくなります。販促物を作るにしても、スキルが無ければ業者に頼む形になりますが、デザイン料もバカになりませんし、印刷も単価が枚数によっては高くなります。献立も自分で作るのであれば、栄養価計算が必要な方がいれば、労力はその分かかるのです。

フランチャイズ契約で開業した場合、店舗を設置する場所や必要な設備なども地域の売上予測から適切なものが提案されますし、食材の安定供給、献立作成、販促物の作成など、全てがそろっていますので、無駄な投資を控えることが出来ますし、運営に集中することが出来ます。もちろんフランチャイズでも失敗することがありますが、個人経営と比べると、無駄が少ない分廃業する確率は低いと言えます。

廃業しやすいFCオーナーの特徴はこれ!

フランチャイズ契約ではなく、個人経営で高齢者向け宅配弁当店を上手く経営されている方は全国に数多くいらっしゃいます。そういう方は大手フランチャイズ店には対応しきれないきめ細かなサービスを提供できるだけの専門知識をもっていたり、業種に直結した人脈を持っていたりと、フランチャイズのノウハウ以上のものを持っている方が大半です。

では、どのようなオーナーが高齢者向け宅配弁当店を廃業するのでしょうか。フランチャイズ加盟して廃業する場合は、大きく2つのケースが考えられます。一つ目は、経営が成り立たないことでの廃業するケース、二つ目は、フランチャイズ本部から契約を打ち切られて廃業するケースです。

フランチャイズでの起業は、個人で起業するよりもノウハウやスケールメリット、ブランド力などが最初からあるので、失敗し難いですが、ノウハウを持っていても有効に使わなければ意味がありません。スーパーバイザーが店舗の状況に応じたアドバイスをしてくれても、実践しなければ効果は生まれません。もちろん、時代が進むにつれチェーンとして新しい取組みをテストすることもあるので、失敗する取組みもありますが、フランチャイズ本部がある程度リスクを想定しているので、大きな失敗にはつながりにくいと言えます。

次にフランチャイズ本部から契約を打ち切られるケースですが、これはフランチャイズ契約に抵触するような重大な問題を起こした場合や、衛生マニュアルを無視して食中毒事故を起こすなどチェーンに対してマイナスになるような事故を起こしてしまった場合は途中で契約解除になることも考えられます。

フランチャイズで開業した場合、本部の方針に柔軟に対応し、本部と協力して店舗を盛り上げる努力が無ければ、廃業するリスクもあるということを知っておく必要があります。

 

以上、高齢者向け宅配弁当FCで廃業するオーナーに共通している特徴でした。フランチャイズ契約のメリットは、スーパーバイザーが経営をサポートしてくれるという点です。経営に関する問題が発生した際は、おひとりで解決するのではなく、スーパーバイザーの助けを借りることで廃業を免れることでしょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧