独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

【FC契約の基礎知識】違約金や損害賠償が発生するケースとは?

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/02

高齢者向け宅配弁当のフランチャイズは、今後需要が増えることが期待されて契約数が増加傾向にあります。確かに個人よりも手軽に開業できるので、メリットを感じる人が多いですが、その後に違約金が発生してしまうケースも少なくありません。最悪の場合は損害賠償を請求される恐れもあるので注意が必要です。多くの場合、しっかりと契約内容を理解していないことが原因になります。

フランチャイズの契約時には慎重に確認

高齢者向け宅配弁当に限ったことではないですが、フランチャイズはとても魅力的な開業手段です。個人ではなかなか得られないブランドイメージを初めから利用できることや、設備として必要なものが、支給されるので初期投資の手間が比較的楽になります。契約する前に成功例を紹介されると、自分もそうなれると思ってしまいますが、確実に保証されるわけではないと理解することが重要です。

そしてブランドイメージを維持するために課せられる制約についてもしっかりと把握しておくことは、個人の責任となります。契約書に書かれていることは、締結した時点で守らなければならないことになります。その後に異議を伝えても、実現不可能なことや違法な内容でない限り受け入れられません。そのため不明な点や納得のいかない点は、事前にはっきりさせておかなければいけません。

もっとも多い問題は、実際にやってみたらできなかったことやイメージと違ったなどのトラブルです。この場合でも、契約後ではそれを受け入れてもらえることは、皆無と言ってもよいでしょう。それを理解してもらうために明文化されているのが契約書であり、それに納得したことが締結という結果となっているわけです。解釈の違いをいくら訴えても、それで遵守できているケースがある場合には、実証することは難しくなります。だからこそ事前確認が重要なのです。

フランチャイズの違約金ってどんな時に発生するの?

違約金とは約束が果たされなかった場合に、契約当事者間で支払われる費用のことです。高齢者向け宅配弁当のフランチャイズの場合、契約書に書かれていることが約束の内容になります。その中でやらなければならないことが実施されなかった場合や、やってはいけないことを実施した事実が確認された場合、契約者の判断によって違約金を請求できます。

違約金の請求についても契約書に書かれている内容で、どのように請求されるのかなどは契約ごとに違います。その中でも、とくに多いのが解約のトラブルです。これ以上続けられないとの理由から、止めたいと思うことがあったとしましょう。契約書に違約金が発生する期間や条件が規定されていて、それに合致する場合には、違約金を支払わなければいけません。

契約が終了した後でも請求されるケースがあります。それが競業禁止と商標権侵害が発生する場合です。契約書の中で終了後もしてはいけないこととして書かれていることが多く、その記載があることで契約期間でなくても有効になってしまいます。

とくに競業禁止は、条件が悪いから他の高齢者向け宅配弁当と契約し直すような時に発生します。気がつかないで契約してしまうケースが多く、想定外に請求されてしまうことでトラブルになってしまうのです。商標権侵害は、終了後にフランチャイズの商標を使用してしまうと請求されてしまいます。

はっきりしない損害賠償と違約金の違いとは?

損害賠償という言葉をよく聞きます。賠償請求によって高額な支払いを要求されたというニュースを耳にすることもあります。この損害賠償と違約金は何が違うのでしょうか。

違約金は契約に規定されている責任を果たさなかった場合に請求できる費用のことで、契約書内にその内容が決められています。つまり根拠は両者の契約から発生していることになります。条件が合えば支払わなければいけません。

対して損害賠償は違法な行為を起因として、損害を受けた者がそれを埋め合わせるために請求されるものです。そのため契約の有無は必要なく、損害があり、その原因が違法だった場合に請求されます。たとえば違法な行為によってフランチャイズの信用を失墜させるようなことがあれば、請求されることがあります。

フランチャイズの本部に対して請求するようなこともゼロではありません。たとえば支給される設備や材料などが違法な状態だったことで、経営が難しくなったような時やそもそもブランドイメージを失墜させるような行為が本部側で発生したようなケースです。

違法な行為が起因であることを証明するためには、両者間で話すだけではなく裁判所で解決するまで紛争として処理されることとなります。ただし企業として違法な状態にならないように運用することは当然の責任ですから、このようなケースが発生するのは、稀といえます。

 

フランチャイズを考えた時にメリットばかりを気にしてしまいますが、本当はどのような時に違約金が発生するかを気にしておいた方が安心です。難しい内容もあってわかりづらいこともありますが、放置せずに明確にしてから契約を判断しましょう。

高齢者向け宅配弁当フランチャイズ(FC)ランキング!

商品画像1
2
3
4
商品名宅配クック123(ワン・ツゥ・スリー)まごころ弁当・配食のふれ愛ライフデリニコニコキッチン
特徴利用者に寄り添った配達対応冷蔵食品など食材にこだわり700種類以上の日替わりメニューメリットが多い回収型のお弁当箱
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧