独立開業にもおすすめ!安定的な売上増加が見込める【高齢者向け宅配弁当・配食フランチャイズ(FC)サービス】を比較ランキングでご紹介!

高齢者向け宅配弁当FCを始める前に必要な事前準備とは?

近年、ビジネスとして急成長しているのが高齢者向け宅配弁当で、フランチャイズも多数存在するため、今まで飲食関係の経験がなくても始められる分野として注目されています。

では、高齢者向け宅配弁当をフランチャイズで始める場合の事前準備にはどんなものがあるのでしょうか。こちらでは3つの点に絞って考えます。

フランチャイズの方針を確認する

高齢者向け宅配弁当をフランチャイズで開業するの際には、複数あるフランチャイズの話を聞いて自分にあったフランチャイズ本部と契約することが重要ですが、どのような点に注目するのか考えてみましょう。

まずは、フランチャイズの方針をしっかりと把握する必要があります。ほとんどのフランチャイズ本部は、企業理念などで、会社の方針や進みたい方向を示していますが、これはホームページなどで確認することが出来ます。但し、それをどう具体化するのかというところはどうなっているのか具体的な施策を確認しなければ、本当にそれを目指しているのか判断することが出来ません。

例えば、高齢者の健康を謳っていたとして、提供するお弁当がそれに伴ったお弁当でなければ、高齢者の健康に貢献することはないでしょう。地域の病院などの医療機関にパンフレットを持参したとして、具体的な献立の質問をされたら、話していることや、記載されていることと、実際に提供するお弁当の栄養価が矛盾したものになっていれば、専門家なら、すぐに分かりますし、信頼して紹介してくれないことだって考えられます。

同様に美味しいお弁当を謳い文句にするのであれば、当然、ほとんどの方が食べても美味しいと感じる素材や味付けが大切です。

商品やサービスが、謳い文句と矛盾していれば、その地域で信用されなくなってしまいますし、当然、その後の集客にも影響してしまいますので、方針と具体的な取組みについて方向性が一致しているのか確認することは重要だと言えるでしょう。

フランチャイズ契約を比較する

高齢化社会が急激に進む中、高齢者向け宅配弁当のニーズは拡大していますが、それに伴って様々なフランチャイズが展開されています。フランチャイズの種類も増える中で、それぞれの運営も特徴があり、契約の中身もそれぞれです。

加盟金と言って、契約を締結する際に支払う権利金のようなものがあるところもあれば、加盟金が発生しないところもありますし、商圏保障をしているところもあれば、商圏保障をしていないところもあります。

特に加盟金は200万円に設定しているところもありますので、加盟金がある場合と無い場合は初期費用を考えると、最初に目が行ってしまいますよね。できるだけ開業費用を抑えたいのであれば、加盟金が無いところの方が費用は抑えられます。実際に開業資金を抑える事で、その資金は運転資金に回す事が出来る等のメリットもあるでしょう。

但し、加盟金が無い事はメリットだけではありません。加盟金が無い代わりに自店の営業地域が独占できないこともあります。フランチャイズでは一定地域の営業権を独占することを商圏保障と言いますが、商圏保障が無ければ、同じブランドの店舗が突然近隣に出店してきて、顧客の奪い合いになるかもしれません。複数の店舗が同一のエリアで出店することで、全体のシェア率は上がる傾向にありますが、店舗毎の売上は下がる可能性もあるのです。

事業を始める上で、投資回収したら終わりとお考えの方は、初期費用が安い方が良いかもしれませんが、長期間の経営を考えるのであれば、商圏保障されているのかどうかは、重要な判断材料といえるでしょう。

本部からのサポート体制を比較する

ニーズが拡大する高齢者向け宅配弁当ですが、フランチャイズで開業する場合、開業後のサポート体制も検討しなければならない大事な項目です。ニーズも拡大し、今後20年から30年は市場の拡大が見込まれていますが、かといって簡単なビジネスではありません。

高齢者向け宅配弁当の業務は、調理や配達だけでなく、請求や支払いといった経理業務、規模が拡大してくれば、人の採用、育成もありますし、もちろん売上を伸ばすための業務もあり経営者の業務は多岐に渡ります。これらの業務を全て短期間の研修で習得することは困難ですし、フランチャイズ本部から提供されるマニュアルに全て事細かく記載されているとは限りません。

一般的にフランチャイズマニュアルは、誰でもしっかりと読み込めば一定レベルでの業務をこなすことが出来るようになっていますが、時が経てば、もっと良い方法がうまれることもありますし、地域性によって最適な方法が異なることも考えられます。

一般的なフランチャイズでは、マニュアルのほかにも、スーパーバイザーと呼ばれる店舗の指導員が配置され、そのスーパーバイザーが定期的に店舗の状態を診断し、的確なアドバイスをしてくれます。経営者として多岐の業務を担当していると、どうしても目先の業務に時間をとられてしまい、緊急性の高い仕事に時間をとられてしまいがちですが、スーパーバイザーは、店舗を客観的に診断してくれるので、本来やっておくべき事は何なのかを教えてくれたり、どうしても時間が取れなければ、サポートしてくれることもあります。

スーパーバイザーの手厚いサポートがあるフランチャイズ本部との契約にはロイヤリティという売上に応じた費用を支払う必要があります。逆にロイヤリティが無いフランチャイズでは、スーパーバイザーのサポートもない場合が多いので、自身の持っている知識やスキル・経験などを考えて、判断する必要があるといえるでしょう。

 

 

高齢者向け宅配弁当FCを始める場合は、他の宅配弁当事業とは異なる特殊性があるため、実際に経営する自分合うフランチャイズを見極めることが大切です。さらに、大きなウェートを占める契約形態やサポート体制などの確認など事前準備が必要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
高齢者向け宅配弁当フランチャイズランキング!
第3位 ライフデリ
ライフデリの画像
記事一覧